中華料理の中でグルメが食べたいものとして北京ダッグがあります。皮だけを食べる贅沢な料理です。

本格グルメを家で楽しむ
本格グルメを家で楽しむ

グルメが食べたいものとして北京ダック

焼き鳥の中にとり皮のメニューがあります。これを好んで食べる人もいると思います。脂身が多くカロリーが高いので健康のことを考えると脂身の少ないところも交えながらのほうが良いのでしょうが、美味しいのですから仕方ありません。この時、皮以外の部分はどうなるかですが、もちろん他の焼き鳥の具材になるでしょう。焼き鳥でなくても何らかの料理の材料になるはずです。料理の中には、食材の一部しか使わないものがあるので気になるのです。

グルメであれば食べたことがあるものに北京ダッグがあります。アヒルを丸焼きにしたもので、外側が飴色にパリパリに焼かれています。そして、そのパリパリの部分をはがし、野菜や味噌だれなどと一緒に食べます。この時気になるのはその他の身です。そのまま下げられてしまうからです。

北京ダッグとしてはあくまでも外の部分のパリパリを楽しむものです。中の身の部分は他の料理の材料として使われるようです。コースなら、その後の料理に入っているでしょう。
Copyright (C)2017本格グルメを家で楽しむ.All rights reserved.