飲茶を楽しみたいと思うなら、グルメは広東料理のお店に行きます。現地の味でも日本人に合うようです。

本格グルメを家で楽しむ
本格グルメを家で楽しむ

飲茶を楽しみたいグルメは広東料理のお店

ヨーロッパではティータイムがあります。お昼ごはんと夕食の間に紅茶と簡単なスイーツを食べる時間になります。それを真似たのが日本のおやつの習慣になるのでしょうか。お茶とちょっとした茶菓子を食べることがあります。3時頃はちょっと小腹がすく頃です。もう一息仕事をするときに食べることで気合を入れることが出来ます。中国においてはまた別の習慣があります。飲茶になります。昼食や夕食とは別にお茶と一緒に食事をします。

グルメであれば、飲茶が楽しめるお店に行ってみたいと思うでしょう。どのお店でも行っているものではありません。広東料理店で出されるものとされています。飲茶といいますとおやつ感覚で食べるものですが、日本人であれば昼食や夕食として食べても問題ありません。

甘いものもありますが、おかずになるようなものもあるからです。現地のものをそのまま出してくれるところもあります。それほどきつくないので、本場の味が楽しめます。
Copyright (C)2017本格グルメを家で楽しむ.All rights reserved.