羽根餃子よりも焦げ目にこだわるグルメな私。絶妙に硬めに焦げた餃子を家で作って食べて楽しんでいます。

本格グルメを家で楽しむ
本格グルメを家で楽しむ

硬め焦げ目ありの餃子グルメな私

ギョーザグルメな人って、いろんな場所に出かけて行って食べていますよね。宇都宮はギョーザの町と呼ばれていますし、日本人のギョーザ好きは半端ないと思います。中国人の友人にきいたところ、焼き餃子というのは中国にはないのだそう。日本発祥の食べ方だったんですね。

焼き方にもそれぞれグルメなりのこだわりがあるのです。私は羽根餃子、つまり餃子のまわりに白く羽のように粉が広がり焼かれているのは、あまり好きではありません。自分でも作ってみるのですが、私はそれよりも焦げ具合が気になるほうです。焦げ目がしっかり入っていると、香ばしくてホクホクと口の中に肉汁が広がりますね!あれがたまらないのです。

羽根のついた餃子が美味しい店というのは、最近は話題になっているみたいですが、焦げ目が絶妙なお店というのが、なかなか見つからないのです。しっかり焼いて、かわがバリバリとしているくらいの焼き目が好きなので、焼いたらどうしても小さくなってしまいますよね。だからかもしれません。仕方がないので、自分で家で自分好みに、しっかり焼いて、焦げたところを楽しんでいます。
Copyright (C)2017本格グルメを家で楽しむ.All rights reserved.